借地権を売却に掛かる税金

借地権売却時には、土地や建物を売った時と同様に、売却時の譲渡所得に対して課税されます。
課税される譲渡所得金額は、譲渡価額より取得費と譲渡費用を差し引いた金額です。
譲渡価額とは、借地権の売却代金です。
取得費とは、売却した借地権を地主から取得した場合の代金や取得に要した金額です。
また、譲渡費用とは、借地権を売るために支出した費用で、契約書の印紙代や手数料などが含まれます。

次に、税額は、所有期間が5年以内場合の短期譲渡で税額の計算方法が異なります。
長期譲渡は売却した年の1月1日時点で所有期間が5年を超える場合です。
長期譲渡の場合、所得税は、課税対象の長期譲渡所得金額の15%、住民税は5%になります。
短期譲渡は売却した年の1月1日時点において所有期間が5年以下の場合です。
短期譲渡の場合、所得税は、税対象の長期譲渡所得金額の30%、住民税は9%になります。
譲渡所得税は分離課税なので他の所得と合算されることなく、税率が決定されます。

また、いずれの場合も、平成25年から平成49年までは、復興特別所得税として基準所得税額の2.1%が所得税に上乗せされます。
上記のように、所有期間5年を境に、長期か短期化で税率が大きく違うことに留意が必要です。