借地権の売却

借地権は売却することができます。
ただし地主の承諾が条件です。
売却しようとする際には地主の意向を確認することがまず必要になります。

地主は、借地権の売却を承諾して、引き続いて売却先と借地権による土地貸借関係を続けたいと考えている場合もあるでしょうし、あるいは土地が不要になったのなら借地権を買い戻したいと思っているかも知れません。
基本的には話し合いで、お互いに納得できる内容で了解しあうことが最善ですが、土地貸借をめぐる両者の関係は千差万別です。
地主は借地人との信頼関係で契約している場合が多く、売却が地主の不利益になる場合には、地主の承諾が得られず、トラブルになるケースも考えられます。

通常、借地権の対象となっている土地の上には建物が建っています。
建物は借地人の所有ですから、地主との賃貸借契約で特約のない限り、建物そのものは地主の了解なく売却することが可能です。
しかし土地利用権がない建物を取得することはあまり意味がないので、借地権を残して建物だけが売却されることは原則としては有りえません。
結局のところ建物の売買には、同時に借地権の売買も伴うことになり、地主の承諾が必要だということになります。

地主の承諾なく、借地権を売却すると、地主は原則として土地の賃貸借契約を即時に解除することができます。
ただし借地権は、借地借家法により保護された借地人の強い権利です。
このため裁判所が借地権の譲渡について、地主の承諾に代わる許可を借地人に与えた場合には、地主の承諾がない場合でも売却することが可能です。
この場合、賃借人は地主に対して、裁判所が決定した承諾料(財産上の給付)を支払わなければなりません。